鼻にプツンと出来るニキビ。
毛穴が深くて皮脂などの汚れがすぐに詰まってしまうことが大きな特徴です。
鼻ニキビは他の部分と比べると皮脂の分泌量が多いようです。

 

皮膚科で行う鼻ニキビの治療には、上記のような特徴にあわせて、
直接その原因に効果をもたらす治療方法が取られています。

 

イオン導入やケミカルピーリング、皮脂腺凝固といった治療法が
代表的なものでしょう。

 

 

イオン導入とは

イオン導入での治療は、主にビタミンCが使われているもので、
ニキビの治療に効果がある成分を皮膚の奥深くに、イオンの働きをかりて浸透させます。

 

美容液を用いても良いのですが、必要な奥深くまではなかなか浸透しないのです。
鼻ニキビは毛穴が深いので、美容液だと必要箇所まで浸透することが難しく、
イオン導入だと肝心な部分にまで成分が行き届くことでニキビの問題解決に有効となります。

 

この手法で多く使われるビタミンCですが、抗酸化作用があるので
毛穴の表面が酸化している黒ニキビにとても効果を発揮してくれるのです。

 

さらにビタミンCには免疫力向上作用があり、ニキビの炎症を抑え、
メラニンの生成を抑えることで、シミになることを防いでくれるという
美白効果まで期待が出来ます。

 

 

 

ケミカルピーリング

特殊な薬剤を使い、肌の表面に蓄積されてしまった古い角質を、
溶かすことで余分な角質を除去するのがケミカルピーリングです。
ニキビの原因とされるアクネ菌をも殺菌するので、ニキビでの炎症も
抑えてくれます。

 

ピーリングで、毛穴・皮脂の詰まりが改善されることにより、
皮脂の分泌、肌のターンオーバーが正常な機能を取り戻し、
肌のバリア機能も向上し、ニキビは勿論、そのほかの肌トラブルに強くなることが
最大のメリットと言えるでしょう。

 

以前は肌に刺激が強すぎたピーリングですが、近年では研究が進められ、
天然素材のグリコール酸といった安全な素材が使われるようになってきたので、
頻度をしっかりとコントロールすることで肌に与えるダメージも最小になり、
安心して行えます。

 

 

 

皮脂腺凝固

皮脂腺凝固法という治療はあまり頻繁に行われることはありません。
特殊な絶縁電気針というものを使い、鼻ニキビに対し、皮脂腺を固めてしまいます。
その結果、永久に皮脂が出てこないという状態を作るのです。

 

皮脂分泌の多い鼻、Tゾーンだけに行われる方法です。
皮脂が出ず、皮脂の酸化で出来てしまった黒ずみも除去します。
凝固した皮脂腺は小さなコラーゲンとなります。
再び皮脂を作ることはないので、当然皮脂によるニキビが出来ないのです。
いちご鼻 治し方