ニキビとストレスの関係は

ホルモンバランス、これは大人ニキビに対して大きな影響を与えています。
ホルモンバランスはなぜ崩れてしまうのか。
これは「ストレス」が挙げられています。

 

過剰なストレスによって、女性であっても、男性ホルモンの分泌が増えてしまうのです。
男性ホルモンが増えると、皮脂の増加につながり、ニキビが出来やすくなってしまいます。

 

ニキビとストレスの深い関係を詳しくまとめてみましょう。

 

ストレスと免疫力の関係

人は強いストレスを受けることで、全身の免疫力が低下します。

 

ニキビは菌の増殖、あるいは皮膚への刺激からの炎症で出来てしまうのですが、
免疫力が強い場合は予防も治療も大きな効果が期待されます。

 

病院で、抗生物質などが処方されることがありますよね。

 

ストレスと免疫力の関係性はというと、
簡単にいうと、ストレスから免疫力低下及び毒素の停滞を招き、
ニキビが出来やすい状態を作り上げてしまうのです。

 

ストレスから胃腸が不調になることは知っていますよね。
腸の近くに免疫細胞の多くが集まっています。
腸の調子が悪いと、全身の免疫力低下という症状が起こってしまいます。

 

他にも胃腸の調子が悪いことで、消化不良を起こしてしまい、
腸内環境悪化にも繋がります。

 

これにより、ビタミンやミネラルなどの栄養が吸収されなくなるので、
不要な毒素が上手に排出されなくなります。
体内に毒素が停滞してしまうことで、何とか外に出ようとする毒素が毛穴を通して、
排出しようと、ニキビが出来やすくなるのです。

 

ストレスから睡眠への影響

強いストレスから、睡眠の質が悪くなることが多々あります。

 

入眠障害・中途覚醒といった言葉を聞いたことがある人もいると思います。
睡眠不足の原因になり、ホルモンバランスも乱れてしまうのです。

 

睡眠不足になると、体の疲労が蓄積されて、全身の免疫力、代謝が低下。
肌が荒れ、ちょっとした刺激や細菌に弱くなるのです。

 

ニキビだけに留まらず、睡眠不足はあらゆる肌トラブルの要因になりえます。
生活習慣の見直しや、寝具、アロマ取り入れなど工夫して、
睡眠時間をしっかり確保するようにしたいですね。

 

ストレスにきびが出来やすい場所は

思春期にはTゾーンや鼻ニキビが出来やすくなります。
これは皮脂の分泌が多い場所であるのが理由となります。

 

大人ニキビでは、顎やフェイスライン沿いのUゾーンが最も出来やすいのです。
ストレスから男性ホルモンの分泌量が増え、皮脂が増えてしまうこと、
汗腺が少ないので乾燥しやすい、女性だと毛穴が小さく詰まりやすいという理由から。

 

よく手で触ってしまう場所でもあるので、手に付いた雑菌が付着してしまうのです。

 

ストレス解消法を探そう

大人ニキビの原因を作ってしまうストレスですが、
ストレス解消法は人によって色々ですよね。

 

気の合う仲間とのおしゃべり、ショッピング、映画鑑賞やスポーツで汗を流す…
散歩するだけでストレス発散という人もいますね。

 

お風呂でゆっくりした時間を過ごしたり、美味しいものをたくさん食べる、
アロマや音楽の力を借りるというのもいいですね。

 

自分にあった解消法を見つけてみましょう。

 

ストレスを完全に解消するまでは出来ないかもしれませんが、
ためすぎないために、規則正しい生活習慣を送るのも大切です。

 

溜め込みすぎず、上手に発散させることで、ニキビだけでなく、
全身の健康に対しても必ず良い影響が出てくるでしょう。